初めてでも失敗しないカラコンの色とサイズの選び方

近年では、カラコンをファッションアイテムのひとつとしておしゃれに取り入れ、その日の気分によって数色を使いまわす女性が増えてきているようです。カラコンを購入するとしたら、一体何を基準にして選べばよいのでしょうか。学校や仕事の時に使う日常用のもの、パーティーやイベントなどの時に使いたいものなど、色々あるでしょう。どんな時に使いたいのか、どんな雰囲気を出したいのかなど、目的を考えて選べば、雑誌や映画に出てくる女性たちのような魅力を身に纏うことも不可能ではありません。

 

場面に合わせた色選びが決め手

カラコンの選び方で一番のポイントとなるのは、やはり色。シンプルなものでも、黒やブラウン、ブルーをはじめとする数種類のラインナップがあり、近頃では何色ともはっきり言えないような中間の色合いのものや、グラデーションになったものも出てきています。あまりの色の豊富さに、一体どれを選べば良いのか迷ってしまうことでしょう。
もしあなたがカラコンを購入するのが初めてなら、いきなり冒険するのは避けて、よりナチュラルに見える暗めの色をお勧めします。中でも、クッキリした縁取りがあるものなら、黒目が綺麗に引き立って瞳が大きく見え、目元の魅力がグンとアップします。こういった暗めの色合いはアイメイクにも影響しませんから、日常の中での使用に向いていると言えます。
女性的でフェミニンなイメージを作りたいときは、ピンクが良いでしょう。薄めのピンク系は思うより瞳に同化しやすく、ハッキリとは目立たないのに存在感があります。
ハーフのような雰囲気が欲しい時には、やはりグレーやブルー、またはグリーン系などが効果を発揮します。可愛らしさからは少し遠くなるかも知れませんが、スタイリッシュでクールなイメージを演出できます。
パーティーなどの派手めの場面で騒ぎたいような時は、ゴールドや赤といった奇抜な色にチャレンジしてみるのもアリ。
このように、気分や場面による使い分けで、違った雰囲気作りを楽しむことができます。

 

サイズ選びは慎重に

カラコンの色が決まったら、次に選ぶのは直径です。直径というのはレンズそのものではなく、着色部分のサイズです。あまり大きすぎるものは違和感がありますので、最初は14mm程度から試してみるのが無難です。装着していろんな角度から鏡で見てみたり、親しい人に印象を聞いたりしてみましょう。そのサイズに慣れてきてから、もう少し大きめのものに替えてみましょう。
目を正面から見ると、白・黒・白と色が並んでいますが、この比率が1:2:1だと黄金比と呼ばれ、最も魅力的に見えるとされています。お気に入りの男性とのデートなどのここぞというシーンでは、その比率になるサイズのカラコンを使用すると、印象が良くなること間違いなしです。
着色部分の直径だけでなく、カーブも非常に大切です。このカーブが自分の目にフィットしていないと、装着時に常に違和感を感じ、不快になります。これが原因で角膜が傷つく恐れもありますので、まずは眼科で自分の目のカーブを計測して正確なサイズを知ったうえで購入しましょう。