人妻になって、益々女性としての魅力を上げてきた、北川景子さん。

どんな表情をしていても、どんなシーンでも、完璧な美しさが彼女にはあります。

堂々とした女性ならではの強さや、華奢で繊細な部分も持っていて、全ての人から憧れられる素晴らしい女性です。

北川景子さんのようになりたいと願う女性も多いのではないでしょうか。北川景子さん顔になるためには、きちんとした清楚なメイクをすることが重要です。

肌の作り方

北川景子さんのお肌は、ニキビや吹き出物などは一切なく、いつ見ても艶っぽくてキメ細かい素肌です。

ファンデーションを塗る前に、細かいパールやラメの入った下地を使うと、艶めく素肌に近づいてくれます。

ファンデーションは、決して厚塗りをしてはいけません。

まるで素肌のような質感を作り上げることが重要です。

ファンデーションは、オークルカラーで、明るさは中間くらいが最適です。

ここで黄色っぽいファンデーションや、茶色が強いファンデーションを使ってしまうと、素肌から遠ざかってしまうので気をつけてください。

アイメイク方法

北川景子さんに近づくためには、アイメイクが最も重要です。まぶた全体に、細かい粒子のゴールド系シャドーを塗ります。

そして、ブラウンのグラデーションを作ります。薄いブラウンをまぶたの半分くらいの位置まで塗り、二重のキワの部分には濃いブラウンのアイシャドーを塗ります。

そして、アイラインを引きます。

アイラインは、目の形に合わせて目頭から目尻までしっかり引きますが、最後は少し上げ気味に引くと良いです。

目尻を上げることにより、強さが際立つ北川景子さんの目元に近づきます。

ここで、カラコンを使うと、なお良いです。カラコンは、黒目が大きくなることを意識したいので、こげ茶色でデカ目効果のあるものを選びます。

そして、マスカラは上下のまつ毛にしっかりと塗ってください。毛束をバラすような感じで、まつ毛の範囲を広げるようにしっかり塗ります。

まゆげは、細過ぎず太過ぎずが丁度良いです。あまりカーブをつけずに、まゆ山までは同じ太さで描き、まゆ山からまゆ尻にかけては、スーと力を抜いて、太さをキープしながら描きます。

チークとリップメイク

チークはほんのりと、頬の正面の位置にのせるだけで良いです。

色はコーラルで素肌に近い色を選ぶと、ナチュラルな感じが良く出ます。

リップメイクは、ピンク系の中でも、肌になじみやすいベージュに近いものを選ぶと良いでしょう。

この時、ポッタリと厚みのある唇を意識してくださいね。

チークとリップのポイントは、ほんのり薄付きなので、メイクの最後にサラリと行うのが良いでしょう。